診療案内


ボタンタップで各項目へ移動します。

インプラント治療

審美歯科治療

歯科用CTについて

予防歯科治療

矯正歯科治療



インプラント治療



インプラント治療で
失ってしまった歯を美しく再生


インプラントとは、何らかの理由で歯を失ってしまった場合に、生体に対して安全なチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、しっかりした土台をつくり、その上に人工の歯を装着したものです。
インプラントは噛む力や耐久性、審美性が天然の歯に近く、このすばらしい機能と美しさから"第2の永久歯"といわれています。
従来の治療法である、取り外しのわずらわしい入れ歯や健康な歯も削ってしまうブリッジに比べ、はるかに機能的に優れています。


当院で使用しているインプラントメーカー
img
当院では「アストラテックインプラント」を用いた治療を行っています。
アストラテックインプラントは、世界最古のインプラント「ブローネマルクインプラント」を改良した治療法です。
審美性に優れていることはもちろん、骨とチタンの結合(オッセオインテグレーション)の強度が向上していることが大きな特長です。

人工歯根の表面の特殊加工により顎の骨の形成が促進され、人工歯根にある小さな溝は周囲の骨にかかる荷重を分配し、骨の吸収を抑える役割を果たします。
その優れた強度と長期安定性が世界中で高評価を得ています。


インプラントと従来の治療(ブリッジ)の違い


●インプラントの場合
img
・安定した噛み合わせを比較的長く保つことができます
・咀嚼能力が高いので、歯を気にせず硬いものなどの食事ができます
・審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることが可能です
・自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れる心配がなく、安心して快適な生活を送ることができます
・定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます

●従来の治療(ブリッジ)の場合
img
・土台となる両隣の健康な歯を削らなければならない必要があります
・土台となる両隣の歯に噛む力が余計にかかるため、負担となってしまうので、その歯を喪失してしまう可能性が高くなってしまいます
・インプラントに比べて長持ちしません
・土台の両隣の歯に問題が発生すると、再治療が必要な場合があります


インプラント治療の流れ


step1 インプラント治療前の口腔内診断

インプラント治療が失敗するほとんどの原因は、歯周病による感染です。
そのため、インプラント治療を受ける場合には歯周病の検査と治療をしっかりとやってくれる歯科医院を選ぶことが重要です。
当医院では、事前にしっかりと歯周病・むし歯の治療を行ったうえで、万全の状態でインプラント治療を行います。


step2 CT撮影・検査

歯科用CTで撮影し、歯や顎の骨の詳しい状態を正確に把握します。当院の歯科用デジタルCTは、従来のCTに比べて、先進のテクノロジーによりX線照射線量(一般CTの約1/5以下)が少なく、患者さんにやさしいCTです。 >> 歯科用CTについて


step3 カウンセリング

診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。
治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。


step4 インプラント埋入手術

インプラントオペは麻酔をしますので、痛みはありません。
麻酔が切れた後に軽い痛みを感じることはありますが、痛みどめを服用するほどでもない場合がほとんどです。
術後2、3日少し腫れることはありますが、自然におさまりますので、仕事や学校を休む必要はありません。


step5 メンテナンス

インプラントは感染しますと抜けてしまいますので、埋入後は定期的なメンテナンスで歯垢、プラークを落とし、口腔内を清潔に保つことが重要です。
一般的には、3ヶ月に1回程度の間隔でメンテナンスを行います。
メンテナンスはクリーニングですので、痛みはありません。
また、毎日の歯みがきなど日々のメンテナンスを怠ると、永久的なインプラントの寿命を短くさせてしまうことになります。



▲ページTOP


審美歯科治療



健康で美しい素敵な笑顔を
作り出す審美歯科治療


審美治療とは、ただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。
バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。
機能的な側面と審美的な側面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、むし歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。
当医院では、最先端の歯科医療技術で、審美的にも機能的にも患者さん一人ひとりに合った治療を行っております。


審美歯科治療の種類


●歯の色が黄ばんでいる方は…
ホワイトニング治療がオススメです!
img
ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに白くする方法で、もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食による着色・神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因は様々ですが、それをより白くします。
個人差や同じ方の歯でも多少の差はありますが、ホワイトニング前と比べると明らかに本来の歯の白さを取り戻します。
その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。
あきらめていた歯の黄ばみや汚れも、内容に応じた治療法で本来の美しい白い歯を取り戻すことができます。

●奥歯の詰め物が見えてしまう方は…
セラミックインレーがオススメです!
img
インレーとは、むし歯などで歯を削った所に詰める、詰め物のことです。
インレーに使われる素材はいろいろなものがありますが、その中でもセラミックインレーは、年数によって変色することもなく強度も強く、色も自在に調整できるので、どこに詰め物があるのかわからないほど自然に仕上げることが出来ます。
どこに詰め物があるのかわからないほど自然に仕上げることが出来ます。

●差し歯にした前歯が黄ばんでいる方は…
セラミッククラウン がオススメです!
img
自分の歯を削り、それを土台にして人工の歯をかぶせる物をクラウンといいます。
保険内治療の物ですと、金属にプラスチックを付けたものになりますので、強度が弱く、年数が経つと黄色く変色してしまいます。
オールセラミッククラウンですと、セラミックインレー同様、金属アレルギーの心配がない他、自然で光透過率が高いので、見た目に大きく影響する前歯にもっとも適した材質のかぶせ物です。
クラウンには下記の種類があります。

・ジルコニアセラミッククラウン
(強度の強いかぶせもの)
・オールセラミッククラウン
(金属アレルギーの方も安心なかぶせもの)
・メタルボンドセラミッククラウン
(自然な色合いで審美性も良いかぶせもの)
・ハイブリッドセラミッククラウン
(天然歯と同じぐらいの強度を持つかぶせもの)
・硬質レジンクラウン
(保険適応内で使用できるプラスチック製のかぶせもの)
・メタルクラウン
(保険適応内で使用できる金属のかぶせもの)


▲ページTOP


歯科用CTについて



照射量が少なく
患者さんにやさしい歯科用CT


従来のレントゲンは2次元では隠れて見えない部分があり、診断に限界がありました。
CTは立体的で精密な3次元の画像を得ることができるため、インプラント治療で必要になる骨の診断、親知らずの位置、根の先の病気、矯正治療、腫瘍など、お口の中の色々な病気の詳細な分析、正確な診断が可能です。
当院の歯科用デジタルCTは、従来のCT に比べて、先進のテクノロジーによりX線照射線量(一般CTの約1/5以下)が少なく、患者さんにやさしいCTです。


正確なデータ情報を得ることで、
安全でスムーズな治療が可能

CTで診断することにより、従来のレントゲンではわかることができなかった、歯や顎の骨の詳しい状態を正確に把握する事ができます。
埋伏している親知らずの状況を正確に把握する事で、安全な抜歯が可能です。
また、インプラント治療においては、顎の骨の情報を正確に知ることで、安全で質の高い治療を提供する事ができます。
img

歯科用CTのメリット



メリット1 放射線量の低被爆を実現

29マイクロシーベルトと非常に低い放射線量で世界最小の低放射線量のCTスキャンを導入。

メリット2 見えなかったものが見える

従来のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。

メリット3 治療の安全性が広がる

インプラントだけでなく、根管治療、親知らず、矯正など、幅広く歯科治療に応用でき、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。

メリット4 わからなかったことがわかる

顎の歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形状や骨質、骨量の状態、病巣などを立体画像で確認できます。



▲ページTOP


予防歯科治療



むし歯や歯周病に
ならないためのケアが大切です


歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。
歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。
痛くなってから行く⇒歯を削るの悪循環をとめることが重要です。
そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。
ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。


むし歯の原因は、
歯磨きでは落としにくい「バイオフィルム」

img
毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。
このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。
バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。
バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。
バイオフィルムは普段のブラッシングでは除去しにくいので、プロによる定期的なクリーニングでしっかり除去しましょう。


プロによる徹底的なクリーニング
PMTC(ProfessionalMechanicalToothCleaning)

img
PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。
毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。
歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。
治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人、歯周病の治療が終わっている人、矯正中の人、被せ物やブリッジなどがある人におすすめです。


PMTCを行うことにより得られる効果



効果1 歯周疾患の改善及び進行防止

ご自身では磨きにくい部位の歯垢(細菌の塊)を完全に除去し、歯肉の状態を健康にします。

効果2 審美性の向上

ステイン(タバコのヤニ、コーヒー、お茶などの着色)を除去し、光沢のある歯の表面を回復します。

効果3 歯質の強化

歯垢(細菌の塊)を取りきった歯の表面に直接フッ化物入りペーストを用いることで、歯の再石灰化(歯を強くする)を促進します。

効果4 むし歯の予防

歯垢を破壊し、フッ素塗布で歯垢の再付着を防ぎ、むし歯の発生や進行をおさえる事が出来ます。



むし歯予防の方法


●フッ素によるむし歯予防
(処置時間の目安:約10分~20分)
フッ素には、歯質を強化して、むし歯になりにくい強い歯をつくる、むし歯になりかけた部分の再石灰化を促進し、自然修復を促す、抗菌作用や抗酵素作用で、むし歯菌の繁殖を抑制するといった効果が期待できます。

●シーラントによるむし歯予防
(処置時間の目安:約10分~20分)
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで埋めて、むし歯にならないようにするむし歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らないためしっかり歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがあります。
その場合、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。


▲ページTOP



矯正歯科治療



調和のとれた美しい口元に
整える矯正歯科治療


矯正治療は、「歯並び」をなおすもの、というイメージがありますが、そのほかにも、さまざまなメリットがあります。

・むし歯や歯周病になりやすい
・物を食べる咀嚼機能が低下する
・発音がしにくくなる
・あごの成長に影響を及ぼす
・あごの関節に負担をかける
・口元にコンプレックスをいだく

などの肉体的・精神的負担がでてくることがあります。
矯正治療はこれらの予防や治療をおこない、咀嚼機能を回復し、きれいな歯並びとともに、 調和のとれた美しい口元に整えることも大きな目的です。

【矯正治療日】
月1回 日曜日
(詳細はおたずねください)



矯正担当医のご紹介
img
水戸歯科クリニック矯正歯科センター

院長 若松進治

● 資格
日本矯正歯科学会指導医・認定医
日本矯正歯科協会認定専門医
The Charles H. Tweed international Foundation for Orthodontic Research 正会員

● 経歴
1964年 日本歯科大学卒業
同年 日本歯科大学矯正学教室入局
1976年 水戸歯科クリニック矯正歯科センター開設
茨城歯科専門学校(衛生士科・技工士科)歯科矯正学講師
茨城県中央看護専門学校講師

● 所属学会
日本矯正歯科学会
日本矯正歯科協会
日本口蓋裂学会


PCサイトでご覧いただくにはこちら
「スマートフォン向けのサイトを表示しますか?」と表記されますので「キャンセル」をタップしてPCサイトを、ご覧下さい。


▲ページTOP

(c) 若松歯科医院